2018年05月08日

対戦動画2

動画リンク https://www.youtube.com/watch?v=3SfkjCxH5hE&t=25m54s

ビッグワンセカンドで開催された、
ヴァンパイアセイヴァー最強決定戦 Devil's PlayGround 7 大会前野試合より
西建さんのモリガンのザベル戦

追い討ちすかしを駆使した起き攻めに注目。
シャドウブレイドでダウンを奪った後ザベルが移動起きした直後に追い討ちを出し
密着下段からのチェーンコンボを決めています。
後ろ移動起きしたザベルに密着できている所が良いですね。
26分7秒にも同様の攻めが見られます。

モリガンの追い討ちのモーションはダッシュとよく似ているので
相手には中段を警戒させる事ができますが途中から急降下して
下段を攻められるのでうまく使えば効果的です。 

2018年04月24日

対戦動画1

動画リンク https://www.youtube.com/watch?v=NChjq6lbeCA&t=38m15s

ビッグワンセカンド 2017/5/30ヴァンパイアセイヴァー火曜日定例対戦会より
モリカミさんのモリガンのザベル戦
自動二択を駆使したセイヴァーモリガンの攻め方のお手本の様な戦い方が観られます。
特にダウンやKOを取った場面の画面端攻めに注目

ダッシュの弱体化したセイヴァーモリガンでは、
ダッシュ攻撃による中下択でガードを揺さぶるより
投げによる自動二択を狙った方が期待値が高いので
ダッシュは近づくための手段と割り切って
うまく近づけたら下段チェーンより投げを積極的に狙いたい。
モリガンのP投げは受身を取られてもダメージは変わらず
モリガン有利の状況なのでさらに投げを絡めた択で相手にプレッシャーをかけよう。
ダッシュをあまり深くガードさせると相手の投げ返しを喰らう可能性もあるので
間合いには気をつけたい。

2018年04月21日

対戦日記1

https://www.youtube.com/watch?v=xFDxaSxh2c0&feature=youtu.be&t=31m46s

最近のマイブームは立ち強P(投げ仕込み)ダクネス
ここの場面は決着がつくまで露骨に投げ仕込みダクネスを狙ってます(笑)
強Pは必ずしも投げになるタイミングだけではなく
相手が手を出しそうな時はずらし気味に重なる様に出したりしてます。

モリガンの近立ち強Pは相手に跳ばれても自動二択で落とせますし
一応ガードさせて2フレ有利なので攻め継続も期待できます。
ヒット確認してダクネスを出すのが理想ですが
単発確認は難易度も高くまだまだ完全には出来てませんw

Morrigan Advanced Tech. Breakdown








Press(buffer) three (or four) buttons while you’re blocking cr. LK.




Start inputing Darkness Illusion while you’re blocking cr. MK.
(make sure a Push Block will come out when you’re pressing second LP for DI)





After a successful AG, input the rest of the DI command.





Make sure cr.HK will whiff before Morrigan reaches him(or it will beat DI).
posted by ARK at 15:05| Comment(0) | 攻略

2014年03月13日

モリガンのチームコンボ

アルカプ モリガンのチームコンボ例 ドゥーム&ラクーン
http://www.youtube.com/watch?v=Zu8aZZB4UlU&feature=youtu.be

posted by ARK at 00:00| Comment(0) | アルカプ 

2014年03月12日

モードックからのモリガン分身コンボ 

ダンテアシスト使用
http://www.youtube.com/watch?v=UaLnqnKqEZs

posted by ARK at 00:00| Comment(0) | 攻略

2014年03月11日

アルカプ モリガンの分身コンボ

モリガンのラクーンアシストを使った
分身ドレインコンボ例 画面中央と画面端2パターン収録
http://www.youtube.com/watch?v=T9f782qWlyU

posted by ARK at 00:00| Comment(0) | アルカプ 

2013年04月22日

モリガンのダクネスコンボのコツ

前回の補足です。


入力音付きのダクネスコンボ動画です。


まずダクネス入力の際どの指で入力するかですが

自分の場合は小P(中指)小P(人差し指)→ 小K(親指)大P(小指)となっています。

大Pは薬指で入力するのが一般的だと思います。
自分も昔は薬指で押していましたが
より指の負担を減らすために小指に変更しました。



小P×2の部分はいわゆるピアノ打ちと呼ばれる入力方法で
中指→人差し指の順番でボタンをパチンと弾く様に入力しています。
この方法だと非常に素早く入力出来るので
人差し指を使って2回入力する通称「根性入力」に限界を感じた場合は
ピアノ打ちの導入を検討してみる事をお勧めします。
自分もはじめは根性入力でしたが
なかなか安定しなかったのでピアノ打ちを頑張って練習しました。

ちなみに自分の場合、ピアノ打ち導入初期時は対戦中とっさにダクネス入力する事すら出来ませんでした。
安定して出せる様になるまで一ヶ月くらいかかったと思います(笑)


ダクネス入力の際は
トレモで自分の入力傾向を見ながら
自分にあったリズムに沿って入力します。


例えば自分の場合

レバー入力と小Kが同時になってしまうという傾向がありました。
そこで



こんな感じのリズムで入力しています。

小P小P→と小K大Pの二分割にする事を意識して
レバー入力の際にタンのンの部分でタメを作り
レバー入力と小Kが同時押しになるのを防ぐ様にしています。

小K 大P の部分は
ピアノ打ちでボタンを弾いた反動を利用して手首を上げ
その状態から指の形は固定しておき手首を倒すような感じで
小K大Pとずらし押し入力する事で指の負担を減らしています。

セイヴァーのモリガンは様々な場面でダクネスを仕込む必要があるので
とにかく少しでも指の負担を減らす工夫をする事が大切です(笑)


しゃがみダクネス入力について


チェーンダクネスする際は

あらかじめしゃがんだ状態で入力し始めれば
レバーは3方向(斜め前下)でも横に押したと判定され
ダクネスを出す事が出来ます。
これを利用すればチェーンの後ダクネスを入力するために
いったんニュートラルにレバーを戻す必要がなくなり
確実にしゃがみチェーンからダクネスを出せますので
これを利用して練習してみてください。





コンボ動画解説



キーログを見るとしゃがみチェーンの後3入力でダクネスを出していますが
これは入力する際にあらかじめ2(真下)に入れた状態からニュートラルを挟まずにそのまま3に入れています。

ニュートラルから3では下と横を同時に入力したと判定され
ダクネス入力失敗になりますのでご注意ください。
またレバーは1方向に入れておいてダクネス入力する方法もあります。
この場合レバー3に入れる前に必ず2が入る事で僅かではありますが
時間稼ぎする事が出来ます。
レバー入力が早くて小Pと同時になり易い場合
この方法で入力してみるのも良いでしょう。


ダッシュ2段について


しゃがみ座高がある程度高い相手には
ダッシュ2段が有効です。

ダッシュ中Kから目押しで小攻撃に繋ぎますが
この際の小攻撃はPでもKでもオーケーですので
小P小Kをずらし押しして成功確率を上げる方法をお勧めします。
同一ボタン二度押しだと必ずニュートラルを挟まなくてはいけないので
ずらし押しの方が密度を上げる事が出来ます。
ただ、ずらし押しは失敗すると同時押しになるリスクがあります。
実際動画の最後ではミスって同時押しになってますが
コンボ自体には成功しているのでご愛嬌です(笑)


ダッシュ2段の後
立ち大Pに繋いでいますが
この立ち大Pはレバー前入れ状態で入力されています。
こうする事で仮にダッシュ2段をミスって小攻撃が出なかった場合
レバー入れ大Pが投げになってフォローする事が出来るためです。
ダッシュ2段はミスするリスクも大きいので
失敗時のフォローをしておく事で実戦でも狙い易くなります。

ちなみにレバーはダッシュコマンドを入れた後
そのまま前に入れっぱなしにしています。
ジェダにおいてはレバー入れっ放してニュートラルポーズを挟まない様にする事で
早く攻撃を出すというテクニックがあるようです。
モリガンでも可能なのか分りませんが一応取り入れて練習しています(笑)



ダッシュめくり攻撃後のダクネスコンボ



ダッシュでめくった後は間合いが離れるため
チェーンコンボからのダクネスを繋ぐ事は難しくなりますが
中攻撃から直接ダクネスを出せば繋ぐ事ができ
火力を大幅アップする事が可能です。

難易度はかなり高いですが
中攻撃や大攻撃単発からのダクネスコンボを習得する事で
ヒット数によるダメージ補正でおこるコンボ火力低下を防ぎ
高火力ダクネスコンボを実現する事が可能になります。
小攻撃を省いているので多少離れた間合いからも
決める事が出来るというメリットもあります。
主にダッシュ2段やジャンプ2段、めくり攻撃から狙っていきます。


柔らかいレバーの場合ニュートラルに戻した際に反動で後ろが入ってしまい
ダクネス入力が失敗になってしまう事があります。
これを防ぐためにレバーを前に入れた後はそのまま入れっぱなしにして
残りのボタンを押す方法も練習しておくと役に立ちます。


ダクネスのコツについて
前回の記事を未読の場合は合わせてどうぞご覧ください。

http://arkmorrigan-savior.sblo.jp/article/63784319.html

2013年03月17日

チェーンダクネスのコツについて

モリガンのチュートリアルで
屈小K屈大Pのチェーンコンボからダークネスイリュージョンを繋げるという
お題がありますが
これから始めようという人にとってかなり難しいと思われるので
簡単ではありますがやり方のコツを紹介したいと思います。


まずチェーンダクネスには簡易入力といったものはありませんので
チェーンを入力したら素早くダクネスのコマンドを入力する、
ただそれだけの事ですが
かなり素早く入力しないと繋がらないので
そのためにはどうしたら良いのかという事ですが、

・先ずチェーンを出来るだけ素早く入れる
・次にチェーンを入力した後は出来るだけ素早くダクネスのコマンドを入力し始める

この2点をクリヤーすればそれなりに入力猶予時間を稼げるので、
先ずはチェーンコンボを最速で入力し且つダクネスコマンドも
出来るだけ素早く入力し始めるという事を練習してみてください。

目安としてモリガンの近距離立ち大K(4ヒット攻撃)の2段目に
キャンセル出来るくらいのスピードを習得出来れば
実戦で必要なダクネスコンボをするのに充分なスピードと言えると思います。
また画面端ではダクネスコンボが繋がり易くなりますので
画面端でチャレンジするのが良いと思います。
セイヴァーはゲームスピードが速いので
はじめはノーマルスピードに下げて練習するのも一つの手です。

入力スピードについては練習していくうちに
徐々に素早く入れられる様になるので
はじめはスピードよりも、遅くて繋がらなくても良いので、
正確に入力しダクネスがちゃんと出る事を重視してください。


いきなり全部のコマンドを入れるのは難しいので
はじめは小P小Pレバー前までにするといった様に
分割して練習する方法もお勧めです。
慣れてきたら全部のコマンドを入れる様にしてみてください。

トレモでキー入力を見て自分がどこで良くミスをしているかチェックし
その部分を重点的に意識して練習すると良いと思います。

補足

2013年03月08日

ハンターのモリガンのコンボ



ハンターモリガンの基礎コンボはダッシュ小or中キャンセルシェルキックから中P中K下大K→追い打ち。チューンはダメージ低下を防ぐために小を省いて中から入るのかポイント。追い打ちは移動起き上がりが早いキャラには入らなくて、決まるキャラでも猶予があまりないので結構シビアです。追い打ちが入らないキャラにはシェルキックのあとESシャドウブレイドを直接当てて追い打ちを確定させるパターンもあります。

ハンターのチェーンダクネスは間合いが短いので密着状態限定で使っていくのが無難。シェルキックのあとのコンボに組み込むなら中攻撃単発から。チェーンコンボで十分減るしゲージが貯まりにくいゲームなので残りゲージには注意しながら使っていくと良いと思います。




ハンターモリガンのシェルキックのけぞり変換を使った永久コンボ。J大攻撃の出際をシェルキックで空キャンセルすると相手ののけぞりが大きくなるのでループ出来ます。
(スト4の目押しコンボでおなじみのつじ押しを使って1フレで空キャンセル)
ループの部分ダッシュは小Kを押しながらダッシュ(バーティカルダッシュ)する事で
シェルキックが安定ヒットするために必要な高度に素早く上昇する事が出来ます。

posted by ARK at 00:00| Comment(0) | ヴァンパイアハンター